IT

【目標設定】未経験からのエンジニアが1年目で身に着けるべき5つのこと

未経験の新人エンジニア

「晴れて憧れのエンジニアになれたけど、最初の1年は何を目標にすればいいんだろう?これからスキルつけて活躍できるようになるために、身に着けておくべきスキル・能力を教えてほしい!」

この悩みに答えます。

本記事を読むとわかること

✓エンジニア1年目でやるべきことがわかる。

✓エンジニアとしての最初の1年で身に着けるべきスキルが明らかになる。

✓読んですぐにエンジニアとしての価値を上げる行動ができる。

 

本記事を書いている私は、未経験から新卒でエンジニアになり2年目を迎えました。

エンジニアなりたての頃は1つ上の先輩方をみて、「スキル高いし、仕事できるなあ。1年で追いつけるんだろうか..」と不安でいっぱい。

しかし1年経ち、「未経験入社とは思えない!」 と言われるようになりました。

 

この記事では、私の体験談を踏まえて

  • エンジニア1年目で身に着けるべきこと
  • 1年目で圧倒的に成長するための目標設定

について書きます。

 

今後エンジニアとして仕事をしていく上の土台です。
記事を読んだ後に即行動できるように、具体的なアクションプランまで落とし込みます。

3分ほどで読めますので、しばしおつきあいください(^^)

 

エンジニア1年目で身に着けるべきこと①:
アプリ・システム開発の基礎スキル

もちろん、これは大事ですよね。

コードを書いたり、環境構築をしたりがエンジニアのメイン業務となるので、1年目で基本的なことは知っておかねばなりません。

これが身につかないと、「あの人話が通じないなあ」 となりかねないので、IT業界の共通語としてプログラミング言語と、IT基礎知識は絶対に身に着けてください

 

具体的に言えば、

  • 業務で使用する言語(まだ配属前の人は、先輩に何使っているか聞きましょう)
  • SQL (データベース知識はほとんどのシステムで必須です。)
  • ITパスポートレベルの知識取得

すぐにでも成長したければ、アクションとして下記を実施しましょう!

プログラミング言語とSQL

▷ 始めたばかりの人:progateで演習する
▷ 知識がある人:学びたい言語でDBを使用したアプリを1つ作成してみる。
【第1弾】PHP+Apache+PostgresDBで開発したWEBアプリをHerokuにデプロイするまで

ITパスポート

▷ 1か月後の試験を予約し、過去問を解いてみる。
▷ 合格点に達しなかったら、すぐにでも対策を始める。
IT資格受験者向け

 

エンジニア1年目で身に着けるべきこと②:
Officeスキル

エンジニアはExcel, PowerPointなどのMicrosoft Office製品をよく使います。

設計書・テスト仕様書・統計レポートなどの作成は新人エンジニアによく回ってくるタスクで、Officeの作業スピードが仕事効率に大きく影響。

関数を知っているか知らないかで資料の作成速度が10倍になることも平気であるので、1日でも早くOfficeスキルは身に着けるべきです。

 

今からできるアクションは、

excel操作のYoutubeなどを見て、上級者の操作手順から学ぶ

書籍を購入し、体系的に学習する

 

エンジニア1年目で身に着けるべきこと③:
検索力

「エンジニアの仕事の9割はググることだ!」 とも言われるように、検索力はエンジニアとしての価値に直結します。

バグ処理は本当に頻繁にあるので、「調べながら正解にたどり着く」 能力で仕事の進み具合が圧倒的に違います。

 

エンジニア向けではないですが、有名なリベ大の「両学長」が、ネット検索力について語ってくれています。

✓なぜ検索力が必要なのか?
✓具体的な検索方法

を丁寧に解説。一見の価値ありです。


今からできるアクションは、この動画を見て 「なんとなく検索する」から脱却することです。

 

エンジニア1年目で身に着けるべきこと④:
論理的思考力(思考・話し方)

プログラミングは「思考力のトレーニング」 として、小学校教育でも必修化されました。

現場で働くエンジニアは高度な論理的思考力が必要。でないと、思わぬエラーを招くことになります。

 

また、「結論から先に話す」 「筋の通った理由付けをする」 などを実際に話すときも意識すると、周囲の評価が高くなります。

論理的思考力を鍛えるためのおすすめの書籍は 「具体・抽象トレーニング」です。
今からできるアクションとして、この本を繰り返し読み、中の例題を考えることです。

 

エンジニア1年目で身に着けるべきこと⑤:
タスク管理力

これは、いうまでもなく重要です。

新人エンジニアは、まず降ってきたタスクを処理できて初めて1人前ですからね。

 

細かなTipsとしては、タスクの締め切りを決めるときに期限に余裕を持たせることです。(業界では、「バッファを設ける」といいます。)

 

そうすることで、上司の期待値をコントロールでき、下記のメリットがあります。

✓期限より早く終われば、それは高評価につながる
✓タスクが予想より時間がかかるものでも、余裕をもって対応できる。

明日から、「バッファを設け、期待値をコントロールする」 を意識して仕事に取り組んでみてください!

 

 

まとめ

未経験の新人エンジニアが1年目で身に着けるべき5つのこと
  • アプリ・システム開発 基礎スキル
  • Officeスキル
  • 検索力
  • 論理的思考力(思考・話し方)
  • タスク管理力

この5つを目標に取り組みましょう!

私もがんばります~!

ABOUT ME
はらじょ
外資系エンジニア。趣味は語学。