IT

知らないと恥ずかしいIT英略語の意味【英語2文字・3文字・4文字】

どんどん略されるIT用語

こんにちは!はらじょです。
突然ですが、あなたはSNSがなんの略なのか知っていますか?

「Social Network…」 そうです!もう一息!

私たちの身の回りには、SNS, URLなど略されている単語が多いですよね。「英語でさえ分からないのに略しないで~」というあなたも、この記事を読んで略す前の単語を知っておくと、正しい理解になりますしカッコつけられます(笑)

特にIT関連の用語で英語を略す動きが加速しているので、今回はITに焦点を当てて単語を見ていきましょう!

 

本記事で紹介しているIT用語はここでアウトプットできます。
【一問一答クイズ】知らないと恥ずかしいIT英略語の意味【英語2文字・3文字・4文字】

 

略されたIT用語の正しい意味 【日常生活編】

AI – Artificial Intelligence

人工知能。「人が実現するさまざまな知覚や知性を人工的に再現するもの」として一般に定義されているが、決まった定義はない。

  • Artificial = 人口の
  • Intelligence = 知能

 

B2B – Business to Business

企業間取引。会社を相手に商売すること。

  • Business = 会社、ビジネス
  • To = ~相手に、~へ向かって

就活の時や社会人になってからよく聞く言葉ではないでしょうか。

お客様が他の会社で、企業のコンサルや車の部品を作る会社などがこれにあたります。

 

B2C – Business to Consumer

一般消費者相手の取引のこと。

  • Business = 会社、ビジネス
  • To = ~相手に、~へ向かって
  • Customer = 消費者

B2Bに似た言葉ですが、B2Cは消費者相手にビジネスを行います。

身の回りにあるユニクロやスターバックスがこれにあたります。

 

BATH – Baidu、Alibaba、Tencent、HUAWEI

中国で台頭するIT企業の頭文字をつなげた造語。読み方は「バース」

 

※すべて企業名

✓Baidu = 百度(バイドゥ)
検索や地図などGoogleと似たサービスを行う。

✓Alibaba = 阿里巴巴集团(アリババグループ)
クラウドサービスやEC、電子決済などAmazonと似たサービスを行う。

✓Tencent = 腾讯(テンセント)
中国を代表するSNS(WeChat)や、電子決済などFacebookと似たサービスを行う。

✓HUAWEI = 華為技術(ファーウェイ)
携帯電話を販売している。Apppleと似たサービスを行う。

行っているサービスがBaidu:Google, Alibaba:Amazon, Tencent:Facebook, HUAWEI:Appleで似ているので、BATH⇔GAFAで覚えるとよいでしょう。


 

CPU – Central Processing Unit

パソコンで演算処理や制御を行うパーツのこと。

  • Central = 中央の
  • Processing = 処理
  • Unit = 部品, 単位

日本語では中央演算処理装置と言われる。

 

CSR – Corporate Social Responsibility

企業が営利活動を行う時の社会的責任

  • Corporate = 企業の
  • Social = 社会的な
  • Responsibility = 責任

企業の社会的責任。利益を上げるのが企業の役割ですが、法令を遵守したり環境破壊をしないなどの責任も伴うということ。

 

DX – Digital Transformation

デジタルの力で人々の生活を変える変革のこと。

  • Digital = デジタル
  • Transformation = 変革

最近はやりのDX(デジタル変革)。英単語そのままの意味なので覚えやすいですね。

ちなみに、略すならDTでは?と思うかもしれませんが、英語圏では「Trans」を「X」と省略することから「DX」と略されています。

 

EC – Electronic Commerce

電子商取引。インターネットで商品やサービスの売買を行うこと。

  • Electronic = 電子の
  • Commerce = 商業

Amazonや楽天などに代表されるネットショッピングをイメージしてもらえばよいです。
ネットショッピングを行うサイトを「ECサイト」と呼びます。

 

FANG – Facebook、Amazon、Netflix、Google

アメリカの投資家・株式評論家のジム・クレイマーが2015年に作った造語。米国市場において成長が期待できる4銘柄の頭文字。

 

FAAA – Facebook、Alibaba、Amazon、Alphabet

アメリカの投資家・株式評論家のジム・クレイマーが2016年に作った造語。米国・中国市場において成長が期待できる4銘柄の頭文字。

 

GAFA – Google、Apple、Facebook、Amazon

個人データを収集可能な巨大なプラットフォームを持つ企業の頭文字を取った造語。インターネットが普及してからの世界の派遣を握ったと言われる4企業。

日本でGAFAという呼び方が広まったのは、スコット・ギャロウェイの著書『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』がきっかけ。


GPS – Global Positioning System

全地球測位システム。人工衛星(GPS衛星)から発せられた電波を受信し、現在位置を特定する。

  • Global = 全世界の, 地球上の
  • Positioning = 位置
  • System = システム

今ではほとんどの人がGPSの恩恵にあずかっているでしょう。Google Mapかカーナビなど様々なところで使われています。

 

ICT – Information and Communication Technology

情報通信技術。SNSやチャットなどデジタル化された情報をやりとりする技術。

  • Information = 情報
  • Communication = 通信
  • Technology = 技術

 

ICカード – Integrated Circuit Card

IC(Integrated Circuit=集積回路)。

  • Integrated = 統合した
  • Circuit = 電気回路
  • Card = カード

従来のカードは磁気テープに情報を記憶させていましたが、ICカードは高機能のICチップを埋め込んで、そこに膨大な情報を記憶させることができます。

 

IoT – Internet of Things

従来インターネットに接続されていなかったものが、ネットワークに接続され、サーバー等と情報を相互に通信すること。

  • Internet = インターネット
  • of = ~の
  • Things = もの

これ最初概念わかりにくいですよね…冷蔵庫を例にとると、いままでの冷蔵庫はインターネットにつながっていなかったため、基本的に食材を冷やす機能しかありませんでした。しかし、インターネットにつながる(IoTになる)ことによって、alexaを通して冷蔵を操作したり、冷蔵庫の中身が減ってきたら自動的にAmazonで足りないものを注文したりできるようになります。

 

IT – Information Technology

情報技術。コンピューターとネットワークをベースとした技術。

  • Information = 情報
  • Technology = 技術

 

LAN – Local Area Network

限定したエリアで用いるネットワークのこと。

  • Local = ローカルな、局所的な
  • Area = エリア
  • Network = ネットワーク

狭い範囲で使用するネットワークのことで、代表的な例では社内や家庭で利用するネットワークがあります。LANには2種類あり、有線LAN(ケーブルでつなぐ)と無線LAN(Wifiなどでつなぐ)があります。

 

PDF – Portable Document Format

データを紙に印刷した時の状態を保存できるデータ形式。どんな環境で開いても同じ見た目で表示される。

  • Portable = 持ち運び可能な
  • Document = 文書
  • Format = 形式

 

PIN(PINコード) – Personal Identification Number

個人識別番号。数字だけのパスワード。

  • Personal = 個人の
  • Identification = 証明
  • Number = 番号

4-8桁の数字でパスワードを設定するアプリを使ってことがありますよね!それがPINコードです。

 

POSシステム – Point of Sales System

販売時点情報管理。売り上げを記録し集計するシステム。

  • Point = 時点
  • of = ~の
  • Sales = 売上
  • System = システム

ほとんどの小売店で導入しているシステム。商品が売れた時点での情報を記録し、販売データ解析に用いる。

 

SEO – Search Engine Optimization

検索エンジン最適化。キーワード検索で上位表示させる戦略。

  • Search = 検索
  • Engine = エンジン
  • Optimization = 最適化

ブログを書いている方には、なじみが深いSEO。検索されたときに上位に表示されれば、ユーザーの目に触れる機会が多くなるため、SEOは超重要キーワードです!SEOコンサルタントという職業があるくらい、企業は力を入れています。

 

SMS – Short Message Service

携帯電話同士で電話番号を宛先にしてやりとりするメッセージ。

  • Short = 短い
  • Message = メッセージ
  • Service = サービス

文字のやり取りが中心で、画像は基本的に送信できません。国際規格なので、基本的に世界中の携帯端末同士で送受信できます。

 

SNS – Social Networking Service

web上で会員同士がコミュニケーションをとることができるサービス。

  • Social = 社会的な
  • Networking = つながり
  • Service = サービス

LINE, Facebook, Instagram, Tiktokなどです。

 

URL – Uniform Resource Locator

インターネット上のホームページ(Webサイト)やファイルの位置や情報を示すもの。

  • Uniform = 均一な
  • Resource = 資源
  • Locator = 位置入力装置

 

ダウンロード可能な資料

【IT用語】誰もが一度は聞いたことがある英語略語まとめ【ダウンロード可能な資料あり】

 

 

ABOUT ME
はらじょ
外資系エンジニア。趣味は語学。