IT

意外に知らないA5M2のTipsをまとめる 【IT企業に入社して2年】

はらじょ

この記事では、ある程度A5M2を使える人でも、意外に知らないTipsを紹介します。

かゆいところに手が届くTipsを紹介しますので、ぜひ目を通してください!

 

目次

一応インストール方法を確認

既に使っている人も多いと思いますが、A5M2のインストール方法を紹介しておきます。

詳しくはこちらのページを参考にしてください。
https://yu-report.com/entry/a5download/

 

簡単に手順を紹介します。

①windows x64を使っている方は、下のURLに飛んで、「今すぐダウンロード」
https://www.vector.co.jp/download/file/winnt/business/fh754205.html

 

②\cの配下にA5M2というフォルダを新規作成し、ダウンロードしたzipファイルをここに配置。Zipファイルを解凍

 

③A5M2.exeをダブルクリックで実行

 

④レジストリに保存を選択し、A5M2を開く

 

Entityの検索方法

システムが大規模になってくると、次第にEntityの数が増えて、どこにあるか把握できなくなってきますよね。

テーブル名で一発検索出来ればいいなと思ったことはありませんか?

 

ER図に登録されているEntityから、Entity名(テーブル名)で検索する方法を紹介します。

やり方はとっても簡単。エンティティ一覧を開いて、テーブル名を入力して絞り込みするだけです。

 

①ER図を開き、エンティティ一覧をクリック

②検索したいエンティティ名を入力し、絞り込みを押下。選択して表示する。

 

A5M2の結果セットをグリッドではなくまとめてexport

SELECTしてきた結果セットをCSVファイルなどにまとめて出力したいときありませんか?

複数のSELECT分で出力した結果でもまとめて取得できるので便利です。

 

やり方は簡単。実行したいSQLを選択して、SQL>SQLを実行し、結果セットをグリッドではなくCSV/TSVファイルに出力

 

クエリの日本語が空白になる

SQLを書くときに日本語が文字化けしたり空白になったりしませんか?

SQLのフォントの設定がうまくいってない可能性が高いです。

 

設定の仕方は簡単。設定>SQLエディタ>フォントから、日本語対応しているフォントを選択ししてOK。

 

まとめ

今後私が発見したTipsや、A5M2の知見はここにためていくので、よければブックマークしておいてください~。

 

世の中には、本当に便利なツールがありますよね。

マインドマップのXmindなど、使いこなすことで作業効率が2倍になります。
下記記事も良ければ見てください。

【2022年7月】Xmindのダウンロードとインストール方法【無料で使える】マインドマップは、論理的に思考をまとめることができ、仕事が100倍はかどる魔法のツールです。本記事では、無料で使えるxmindのダウンロードとインストール方法を紹介します。...

 

 

ABOUT ME
はらじょ
はらじょ
ITエンジニア
記事URLをコピーしました