キャリア

【京大MBA】 概要と入試難易度まとめてみた 【観光コース楽しそう】

はらじょ

MBA取得に興味が出てきました。

いくつか大学を調べていて面白そうだったので、今回は京都大学MBA 観光経営科学コースを中心にまとめていきます。

備忘的に箇条書き中心で書いております。
あらかじめご了承ください。

 

目次

京大MBA概要

京都大学MBAとは?

正式には、京都大学経営管理大学院。公式ページ

過程が2つある

・専門職学位過程(MBA)
・博士後期課程(Ph.D.)

この記事では、MBAのほうをまとめる

 

講義が行われる場所、時間

場所:京都大学吉田キャンパス
時間:平日+土曜日

 

基幹4プログラム群

入学の時に下記4プログラムの中から1つのプログラムを選択し、授業を選択。

この4プログラム群では、筆答試験を中心とした「一般選抜」と、社会人としての職業経験を重視して選考を行う「特別選抜」により、合格者を決定。

ビジネス・リーダーシップ
プログラム
激化するグローバル競争の中でいかにして強いリーダーシップを確立し、戦略的優位性を実現するかについての理論と実践を融合できるマネジメント人材を育成します。
サービス&ホスピタリティ
プログラム
経済のサービス化・情報化が進展する中、サービスやホスピタリティに関わる経営能力やコンピタンスを備えたマネジメント人材を育成します。
プロジェクト・オペレーションズマネジメントプログラム 国際的な大規模プロジェクト、新規技術開発、情報システム開発などにおいて、国際的な感覚と多様な経営能力を持った“プロジェクトマネージャー”を育成します。
ファイナンス・会計プログラム ファイナンスと会計の両方に強い公認会計士、会計に強いアセットマネジメント会社のファンド・マネージャーや国際市場で活躍できるアナリスト、民間企業・政府機関での会計・財務のエキスパートなどを育成します。

引用元: 京都大学経営管理大学院 基幹4プログラム群

上記の基幹4プログラムに加えて、観光経営科学コースがあります。(なぜ基幹4プログラムの中にはいらないのかは謎です。)

京大MBAの全体観がわかるページはこちら

 

観光経営科学コースで学べること

私自身が「全国通訳案内士(英語)」 という英語による通訳ガイドの資格を保有していることから「観光経営科学コース」に興味を持っています。

【全国通訳案内士英語】英会話力0からの独学合格ルート【合格体験記】

そのため、本記事では観光MBAを中心にまとめます。

 

観光MBAで学べること

ざっくりいうと、「観光地の魅力を引き出し、経営していくために必要な知識や研究手法」を学べる。

受講生の対象は、「観光関係の仕事についている方 & これから観光事業を起こそうと考えている方」

日本で1番の観光地である京都で学べるってところが大きい。

【重要】公式サイトからの引用

終了するには基本2年間かかる。

標準修業年限は2年間で、修了に必要な単位数は42単位です。

入学時期は4月です

各半期に履修できる単位の上限は24単位とします。(年間での上限は48単位となります。)

2年次進級要件は「基礎科目及び専門科目を16単位以上修得 (ただし、基礎科目は4科目8単位以上を含む必要がある)」となっています。

基礎科目については、定期試験とは別にアチーブメントテストを後期に実施し、履修登録をして単位取得に至らなかった者については追試合格として単位を認定します。

修了要件として、修士論文の提出は必要ありません。

科目等履修生、特別短縮制度 (+MBA) 等の活用により、2年次進学要件を満たしたうえで入学した者については、修学期間を1年に短縮して修了することができます。

本コースの入試においては、観光分野での実務経験または将来観光分野に進む際に有用となる観光分野以外での実務経験について評価します。

本コースは設置上の事情から、他コースと異なり長期履修学生制度の対象とはなりません。

本コースへの入学後は、他コースへの変更はできません。

 

入試

一般入試

学力重視の試験

参考 : https://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/admissions/guidelines/21640/

・筆記試験(60分)経営学、会計学、経済学、数学の4科目から当日1科目を選択
・小論文(60分)

 

特別入試

面接重視の試験
参考 : https://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/admissions/guidelines/21720/

・一次選考
書類審査(TOEICなどの英語民間資格のスコア提出など)

・二次選考
1.第1次選考の成績 (配点 200 点)
2.英語力検定試験スコア(配点 100 点)
3.面接の成績 (配点 200 点)

 

合格難易度

倍率

一般試験・特別試験によってマチマチみたいです。
3-9倍くらいでしょうか。
参考 : https://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/admissions/information/#a-statistics

 

難易度

こちらの記事にめっちゃ京大MBAムズイって書いてあります。
https://shikakutimes.jp/mba/2489

 

TOIECの点数目安

800点目指すべきでしょう。

スコアの目安としては、800点あればほぼ確実に合格できるラインと言え、最低でも700点は必要でしょう。
引用元 : https://shikakutimes.jp/mba/2489

 

 

MBA受験者必読の本

MBAで学ぶ内容を先取りできる本。

入学前、試験対策中の息抜きに読んでおきたい1冊です。

『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』

ABOUT ME
はらじょ
はらじょ
ITエンジニア
記事URLをコピーしました