健康

【ICL体験記】手術当日と翌日検診の流れ【品川近視クリニック】

はらじょ

視力が悪い人

「ICL手術当日の流れを知りたい!」
「ICL手術を受けた直後から目が見えるようになるの?」

この悩みにお答えします。

 

この記事を書いている僕は、ICLを受けた26歳会社員。

最強度近視でコンタクトの度数は-10。
ここまで目が悪いと、眼鏡が超絶似合わずコンプレックスでした。

そんな時にICLという手術を知り、勇気を出して受けてみることに。
この記事では、ICL手術の当日と翌日検診の体験を共有します!

 

目次

手術当日の流れ

病院

手術当日の流れ

①眼圧などの計測と、軽い診察
②瞳孔を開く目薬を10分おきに指しながら手術待合室で待機
③複数の目薬(点眼麻酔や消毒、瞳孔を開く目薬)を差される
④医師から手術中の注意点を伝えられたあと、手術
⑤点眼後、20分ほど椅子で休憩、診察で終了

所要時間:全部で3時間ほど

大まかな流れとしては、検査・点眼・診察→手術→診察

手術は、歯医者にあるようなリクライニングできる椅子で行われ、機械でガッツリまぶたを開いた後、機械を使って医師が執刀します。

目以外をシートで覆われるので、傍から見るとさぞ滑稽な様子でしょうね(笑)

機械が、”Register”, “Complete”など話してくれるので、大まかな手術進行はそれで分かります。

 

基本、液体を目にぶっかけられながらの手術ですので、何がなんだかわからなくなります。目を切開するとき、少し刺すような痛みがあり、横から押されるような感覚があります。私の場合は、先に右目、次に左目という順番でした。

手術自体は、トータル15分ほどで終了します。

手術の直後は瞳孔が開いているため、視力は回復していますが鮮明に目は見えません。
よたよた歩きで休憩スペースまで行き、そのまま20分ほど目を閉じて休みます。

 

手術中の注意点としては、

・まっすぐ前を見る
・うなずかない

これだけです。目を前がハチャメチャになったり、医者や機械がしゃべったりしますが、前だけを見ておくように言われます。

手術前は、うなずいてしまわないか、目が泳がないか不安でしたが、実際やっているとあっという間に終わります。

少し目の位置が動いたくらいで手術が失敗するなら、医療として認められないと思うので、多少は大丈夫なのかなと思います。

 

帰宅後は、1時間に1回目薬を差さなければなりません。
手術当日は瞳孔が開いているため、鮮明に見えることはないです。
目も少しゴロゴロした感じがあり、「本当に手術成功したのかな?」と不安になります。

翌日の朝に目覚めた瞬間に、世界がクリアになることを信じて就寝します。
就寝時は眼帯を付けて寝なければなりません。

 

翌日検診の流れ

検査

翌日検診の流れ

①視力と眼圧の検査
②診察
③交通費精算(遠方の方のみ)

翌朝目覚めた瞬間に悟ります。

もう自分は眼鏡を持ち歩かなくていいんだと。
もう毎朝コンタクトを付けなくていいんだと。

翌日検診は、問題がなければ、1時間ほどですぐに終わります。

軽い検査と診察を受け、手術後の注意点があったのち、帰宅することができます。

 

手術後の感想

メリット。期待する男性。輝き。やる気。

ICL受けた直後から見えるようになるかと思っていましたが、鮮明に見えるのは翌日からでした。

手術前は、目の内部をいじることに抵抗がありましたが、勇気を出して本当に良かったと思っています!

 

メガネ・コンタクトなしで快適です。

特にレーシックを受けることができない最強度近視の方には、自信をもってお勧めできる手術でした。

ABOUT ME
はらじょ
はらじょ
ITエンジニア
記事URLをコピーしました