英検準一級

英検準1級合格体験記 ライティングが決めて!

はらじょ

こんにちは!

目次

英検準1級について

試験内容については以下の通りです。

  • 1次試験:リーディング・リスニング・ライティング
  • 2次試験:スピーキング

準1級は、最終目標である1級の手前まで着実に力をつけているレベルで、およそ大学中級程度とされています。社会生活で求められる英語を十分理解し、また 使用できることが求められます。入試優遇や単位認定はもちろん、教員採用試験に優遇されたり、海外留学にも多方面で幅広く適用される資格です。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

出典:日本英語検定協会

英検準一級は大学中級程度にあたります。

しかし、大学生であればだれでも持っているというわけではなく、高いレベルがもとめられるため、しっかり対策を行う必要があります。

私は理系大学院生ですが、英検準1級を持っている人は周りにはいないです。
(TOEICとかの方が主流だからかも、、、)

 

 

私が行った対策

1次試験

まず、過去問を解いてみて自分になにが足りないのか突き止めます。

①語彙力

準1級・1級対策でよく言われているように「語彙」重要です。

確かに単純に英単語知っていれば解ける問題や、普段こんなん使わんやろみたいな単語も出て来ます。
語彙への配点も高いです。

単語帳は、英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)が1番おすすめです。

 

 

②英作文力

私が受かったのは英作文のおかげです。←超重要
(語彙力・リスニング力なかった)

リーディング・リスニングでは合格点を下回っていましたが、英作文で盛り返しました。

昔は記述式の英作文の配点がかなり低かったようですが、私の受けた年度に配点が変わり、リーディング・リスニング・ライティングが3等分配点になりました!

英作文得意だとかなり有利です。

もちろん、対策次第で英作文はぐんぐん伸びます!

対策で使っていたのは、英文添削サービス「IDIY」 です。

とにかく毎日英文を書きまくってました(笑)

 

③総合力

過去問や総合問題集を解きまくりました。

解いただけ点数は上がります。

過去問:準1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書) 

 

 

問題集:英検準1級総合対策教本(旺文社英検書)

 

2次試験

DMM英会話で毎日英語を話しました。

英検対策も行ってくれるので重宝します。

 

最後に

英検準1級は大学入試・就職活動などで非常に価値の高い資格です。

「得意科目は英語です!」と胸を張って言えるようになりますよ。

良い結果が出ることを祈っています。

ABOUT ME
はらじょ
はらじょ
ITエンジニア
記事URLをコピーしました